展覧会  VIEW数 14  コメント数 0

ミレーから印象派への流れ展

2021年5月22日(土) ~ 2021年7月19日(月)

イベント概要

19世紀のフランスでは、産業革命を経て都市の近代化が進んだ。自然科学の発達に伴い実証主義的な精神が広がり、自然主義や写実主義の動向が登場する。バルビゾン派のミレーは農民の主題に生涯を捧げた。やがて、モネやルノワールら光と色彩を追求した印象派が登場し、絵画に革新をもたらす。印象主義のスタイルが普及した1880年代以降、ポスト印象主義の時代に絵画は多彩な広がりをみせていく。
本展では、 バルビゾン派から印象派を経てナビ派へといたる19世紀フランス絵画の流れを、フランスとイギリスの美術館、個人所蔵家から出展された、ミレーの絵画7点やモネ《睡蓮〉を含む約70点の名品により展望する。

ミレーから印象派への流れ展
評価・レビュー

総合評価
0.0
満足度
0.0
おすすめ度
0.0
価格・料金の納得度
0.0
注目度
0
評価・レビューする
×

満足度

おすすめ度

価格・料金の納得度

あと2000文字

ミレーから印象派への流れ展
基本情報

料金
当日一般1,400円
会期
2021年5月22日(土)~2021年7月19日(月)
休館日
月曜日(6月7日、7月5日、7月19日は開館)、6月8日、7月6日

ミレーから印象派への流れ展
関連Tweet

投票しました
地域別のイベント:
北海道
青森
岩手
宮城
秋田
山形
福島
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
富山
石川
福井
山梨
長野
岐阜
静岡
愛知
三重
滋賀
京都
大阪
兵庫
奈良
和歌山
鳥取
島根
岡山
広島
山口
徳島
香川
愛媛
高知
福岡
佐賀
長崎
熊本
大分
宮崎
鹿児島
沖縄
カテゴリ別のイベント:
展覧会
漫画
ゲーム
新曲(シングル)
新曲(アルバム)
映画
eスポーツ
アニメ・声優