展覧会  VIEW数 41  コメント数 0

吉左衞門X MALEVICH マレーヴィチ-素描+十五代樂吉左衞門・直入-茶碗

2021年9月14日(火) ~ 2022年1月16日(日)

イベント概要

樂吉左衞門館では、開館以来「吉左衞門X」というシリーズで、十五代樂吉左衞門作品と何か(思惟を共有する作家であったり、事象であったり)とのコラボレーション展を開催してきた。
第12回目となる今回は、ロシア・アヴァンギャルド(1900年のはじめ頃にロシアで起こった前衛アート)の一つシュプレマティズム(至高主義:抽象性を徹底した絵画の一形態)の創始者として知られるカジミール・マレーヴィチとのコラボレーション展を開催。
直入は、2015年のロシアでの展覧会「樂-茶碗の中の宇宙」展の開催中に、マレーヴィチをはじめ多くのロシア・アヴァンギャルドの作品に出合った。中でもマレーヴィチの作品《黒の正方形》は、長次郎の黒樂茶碗に通じるものが有り、感銘を受けた。
マレーヴィチは、ものの表面的部分を見るのではなく、ものの本質を見ることが大切であり、創造的な芸術においては、純粋な感覚だけが、最も良い次元に到達できるものだと主張し、20世紀の抽象芸術やミニマリズムの発展に大きな影響を与えた。シュプレマティズムの理念は、近年の直入の作行きに見られる、造形や色彩といった表現の諸要素を削ぎ落として、究極表現を超えようとしている樂茶碗に共通性を見いだせる。
本展は、直入が制作した新作の白い茶碗とマレーヴィチの素描作品を展観することにより、二者に通じる深い精神性に触れようとする試みである。
※会期中展示替えあり

吉左衞門X MALEVICH マレーヴィチ-素描+十五代樂吉左衞門・直入-茶碗
評価・レビュー

総合評価
0.0
満足度
0.0
おすすめ度
0.0
価格・料金の納得度
0.0
注目度
0
評価・レビューする
×

満足度

おすすめ度

価格・料金の納得度

あと2000文字

吉左衞門X MALEVICH マレーヴィチ-素描+十五代樂吉左衞門・直入-茶碗
基本情報

料金
当日一般1,000円
会期
2021年9月14日(火)~2022年1月16日(日)
休館日
月曜日(祝日の場合は開館、その翌日休館) ※新型コロナウイルス感染症の状況により変更になる場合あり

吉左衞門X MALEVICH マレーヴィチ-素描+十五代樂吉左衞門・直入-茶碗
関連Tweet

関連したTweetがありません
投票しました
地域別のイベント:
北海道
青森
岩手
宮城
秋田
山形
福島
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
富山
石川
福井
山梨
長野
岐阜
静岡
愛知
三重
滋賀
京都
大阪
兵庫
奈良
和歌山
鳥取
島根
岡山
広島
山口
徳島
香川
愛媛
高知
福岡
佐賀
長崎
熊本
大分
宮崎
鹿児島
沖縄
カテゴリ別のイベント:
展覧会
漫画
ゲーム
新曲(シングル)
新曲(アルバム)
映画
eスポーツ
アニメ・声優