展覧会  VIEW数 20  コメント数 0

海老塚耕一展 空無から生じる風景 — 開く・可視

多摩美術大学美術館
2021年12月4日(土) ~ 2022年1月17日(月)

イベント概要

2022年3月に多摩美術大学美術学部芸術学科教授を退職する、美術家・海老塚耕一(1951~)の個展を開催する。
海老塚は石・木・鉄・水といった異素材を組み合わせ、空間に拡張していくような彫刻を作る。1980年代は主な素材に木を使用し、鑑賞者を内包する舞台装置のような作品「連関作用」シリーズを展開。90年代以降は「境界・端・限界」への関心から、それらを思考するための要素として定型をもたない「水」や「風」を主題に、彫刻のみならず版画作品も発表。近年はこれまでの主題が折り重なることで出現する、多層的な空間作品を作っている。
作家がいかに世界を捉えたのか、その眼差しが作品に顕在するならば、海老塚の作品は形態を変えながらも、変わらない作家の姿勢を色濃く表すものと言えるだろう。それは視覚により他者を捉えるのではなく、空間を通して世界に触れる術と言えるか。「見える」ことと「わかる」ことの不確かさを問い、流れるもの、固定されないもの、浸透するものと、物質を通じて交感しようと試みる。
最近の作品において、海老塚は「空無から生じる風景」という言葉をあてている。海老塚が作り出す空間の中には、絶えることのない緩やかな流れが生まれる。本展は、新作の彫刻、版画作品から作家の現在を紹介するとともに、初公開となる作品図面や資料などから足跡を辿り、作家性を紐解く。

海老塚耕一展 空無から生じる風景 — 開く・可視
評価・レビュー

総合評価
0.0
満足度
0.0
おすすめ度
0.0
価格・料金の納得度
0.0
注目度
0
評価・レビューする
×

満足度

おすすめ度

価格・料金の納得度

あと2000文字

海老塚耕一展 空無から生じる風景 — 開く・可視
基本情報

料金
無料
会期
2021年12月4日(土)~2022年1月17日(月)
休館日
火曜日、12月28日~1月4日
会場
多摩美術大学美術館

海老塚耕一展 空無から生じる風景 — 開く・可視
関連Tweet

投票しました
地域別のイベント:
北海道
青森
岩手
宮城
秋田
山形
福島
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
富山
石川
福井
山梨
長野
岐阜
静岡
愛知
三重
滋賀
京都
大阪
兵庫
奈良
和歌山
鳥取
島根
岡山
広島
山口
徳島
香川
愛媛
高知
福岡
佐賀
長崎
熊本
大分
宮崎
鹿児島
沖縄
カテゴリ別のイベント:
展覧会
漫画
ゲーム
新曲(シングル)
新曲(アルバム)
映画
eスポーツ
アニメ・声優
演劇・オペラ・ミュージカル
お祭り
花火
イルミネーション
体験イベント
グルメイベント・フードフェス
味覚・果物狩り
特売会・物産展
フリマ