展覧会  VIEW数 20  コメント数 0

古伊万里幻獣大全展

戸栗美術館
2022年1月7日(金) ~ 2022年3月21日(月)

イベント概要

幻獣とは伝説、伝承上の動物のこと。『幻獣辞典』(Jorge Luis Borges “El Libro De Los Seres Imaginarios”1967)にて「想像の存在」と訳されるものたちを指す。江戸時代に実用品として作られた伊万里焼(古伊万里)には、龍や鳳凰、麒麟、獅子といった「想像の存在」が器種、文様の主副問わずしばしばあらわされている。こうした幻獣は辟邪(悪いものを退ける)や瑞祥(めでたいことが起こる前ぶれ)として古来尊ばれてきた瑞獣である。生活の中で使用するうつわに破邪招福のモチーフが度々選ばれたのには、健康で豊かな暮らしを祈る人々の願いが込められているのだろう。
「想像の存在」に加えて、現代の創作物においては実在の動物であっても特別な力を備えたものに対して「幻獣」という言葉を使用することがある。本展ではこの考え方を応用し、江戸時代に魔除けや強さの象徴として親しまれた虎や、仙人の乗り物で長寿の象徴である鶴といった、物語の中で特別な意味を持った動物も「幻獣」として扱う。
2022年は壬寅。厳しい冬が終わり、陽の気が満ちる芽吹きの年とされる。破邪招福の動物を中心に、世の中を明るく照らしてくれそうな幻獣の描かれた古伊万里約80点を紹介する。

古伊万里幻獣大全展
評価・レビュー

総合評価
0.0
満足度
0.0
おすすめ度
0.0
価格・料金の納得度
0.0
注目度
0
評価・レビューする
×

満足度

おすすめ度

価格・料金の納得度

あと2000文字

古伊万里幻獣大全展
基本情報

料金
当日一般1,200円
会期
2022年1月7日(金)~2022年3月21日(月)
休館日
月曜日、火曜日(1月10日、3月21日は開館)
会場
戸栗美術館

古伊万里幻獣大全展
関連Tweet

関連したTweetがありません
投票しました
地域別のイベント:
北海道
青森
岩手
宮城
秋田
山形
福島
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
富山
石川
福井
山梨
長野
岐阜
静岡
愛知
三重
滋賀
京都
大阪
兵庫
奈良
和歌山
鳥取
島根
岡山
広島
山口
徳島
香川
愛媛
高知
福岡
佐賀
長崎
熊本
大分
宮崎
鹿児島
沖縄
カテゴリ別のイベント:
展覧会
漫画
ゲーム
新曲(シングル)
新曲(アルバム)
映画
eスポーツ
アニメ・声優
演劇・オペラ・ミュージカル
お祭り
花火
イルミネーション
体験イベント
グルメイベント・フードフェス
味覚・果物狩り
特売会・物産展
フリマ