展覧会  VIEW数 16  コメント数 0

没後700年 趙孟頫とその時代―復古と伝承―

東京国立博物館
2022年1月2日(日) ~ 2022年2月27日(日)

イベント概要

令和4年(2022)は、中国書画史に燦然と輝く巨星、趙孟頫(字子昂)(ちょうもうふ(あざな すごう)、1254~1322)の没後700年にあたる。趙孟頫は、南宋時代(1127~1279)の末期に、宋の太祖の11代目の子孫として呉興(浙江省)に生まれた。26歳で宋王朝の滅亡に遭い、33歳でモンゴル人が統治する元王朝(1271~1368)に召され、世祖(せいそ)から英宗(えいそう)までの5人の皇帝に仕えて、晩年には従一品の高官に任ぜられた。
漢民族王朝である宋の皇族出身でありながら、異民族王朝の元に仕えたことから非難も受けるが、趙孟頫は漢民族の伝統文化の護持に尽力した。書画においては、王羲之を主とする晋唐の書法と唐宋の画法を規範として、復古主義を唱導し、文人の新たな在り方を示した。その作品は、元末の四大家や明清時代の諸家にも大きな影響を与えた。
本展では、趙孟頫をはじめとする元時代の書画に焦点をあて、その魅力と後世における受容を紹介する。「趙孟頫前夜」では、宋や金において尊ばれた、個性を表出する書を展覧。「趙孟頫と元時代の書」では、趙孟頫を起点に、倪瓚(げいさん)ら元末までの文人と、親交のあった中峰明本(ちゅうほうみょうほん)ら禅僧の作から、元時代の書の諸相を概観。「元時代の絵画」では、趙孟頫と同時代の画家たちの多彩な活躍を紹介する。そして、「明清時代における受容」では、趙孟頫の書画に影響を受けた後の時代の作例を展示する。
本展は台東区立書道博物館との第19回目の連携企画。両館の展示を通して、趙孟頫が活躍した元時代の書画の世界を堪能してほしい。

没後700年 趙孟頫とその時代―復古と伝承―
評価・レビュー

総合評価
0.0
満足度
0.0
おすすめ度
0.0
価格・料金の納得度
0.0
注目度
0
評価・レビューする
×

満足度

おすすめ度

価格・料金の納得度

あと2000文字

没後700年 趙孟頫とその時代―復古と伝承―
基本情報

料金
一般1,000円(事前予約推奨)
会期
2022年1月2日(日)~2022年2月27日(日)
休館日
月曜日(1月3日、1月10日は開館)、1月4日、1月11日
会場
東京国立博物館

没後700年 趙孟頫とその時代―復古と伝承―
関連Tweet

投票しました
地域別のイベント:
北海道
青森
岩手
宮城
秋田
山形
福島
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
富山
石川
福井
山梨
長野
岐阜
静岡
愛知
三重
滋賀
京都
大阪
兵庫
奈良
和歌山
鳥取
島根
岡山
広島
山口
徳島
香川
愛媛
高知
福岡
佐賀
長崎
熊本
大分
宮崎
鹿児島
沖縄
カテゴリ別のイベント:
展覧会
漫画
ゲーム
新曲(シングル)
新曲(アルバム)
映画
eスポーツ
アニメ・声優
演劇・オペラ・ミュージカル
お祭り
花火
イルミネーション
体験イベント
グルメイベント・フードフェス
味覚・果物狩り
特売会・物産展
フリマ